ローンがまだ残ってる車を売る方法について

ローンがまだ残ってる車を売りたいという方にそのための方法を紹介します。ローンがあるということは支払い義務がまだあるということでもあるので勝手に売ってはいけません。

その時に気をつけるべきいくつかのポイントも合わせてどうぞ。まずは車検証を見ましょう。そこには車の所有者の名前が書いてあります。

自分で車を買っている場合は自分の名前が書いてあるのですが、ローンで車を買っている場合はおそらく信販会社の名前が書いてあるはずです。●●株式会社と書いてあったらその会社が実質的にはその車のオーナーになります。ですからいくらあなたが自分の車だと主張しても法的には認められませんし、勝手に売ろうものなら犯罪者になってしまうでしょう。

勝手に売るのは違法なのか?

結論からいうと違法です。所有権が自分にないということはその車の持ち主はあなたではないのですから。法律上はローン会社の所有物になるので勝手に売買することは許されないのです。

逆にあなたに所有権があれば売ろうが何しようが完全に自由です。

しかしローン残債がある中ではそんなことはできないでしょう。

売っていいかの判断はあなたにはない

あなたが所有している車はあなたが使っていますしあなたの手元にありますが決してあなたのものではありません。売っていいか売っちゃだめかの判断はローン会社がするのです。

ですからあなたがまずやるべきことは売却の許可をもらうことです。

残りのローンの金額を正確に把握して返済計画をたて、ローン会社にちゃんと残りも払うから売っていいかの確認を取るのです。相手も鬼ではありませんからちゃんとした返済計画があれば売る許可は出してくれます。

向こうが恐れているのはあなたが車を売ることでローンの支払いを逃れようとしていることです。お金を返してもらえなくなることです。ですからそんなことはしないでちゃんと返す意思があることを論理的に話しましょう。

サイトカテゴリ

おすすめリンク

ページのトップへ戻る